ユメ日記

私が見た夢を綴ります。

番組の企画


モニター募集!

番組の企画です。

自殺してくれる人を募集します♫

自殺する人の家族に一千万を差し上げます!


自殺の方法は全然怖くありません。

強力な毒のカプセルを飲んで頂くだけ!

苦しまずに死ねます!

いかがですか?




というふざけた番組のモニターに、応募した覚えは全くなかったのだが、私が採用されてしまった。

マイクを持った司会が、「今から死んで頂きますが、気分はいかがでしょうか?」と私に聞いた。


「そうですね、若干緊張していますよ」

「現世にお別れする悲しさはありませんか?」

「不思議と悲しさはありません」

「あら、そうですかあ」


司会は私にカプセルを二錠渡した。

二錠一気に飲んだらすぐに死ぬらしい。

私は独房のようなところに入れられた。


「さあ、死んでください♫」


独房の鉄の扉に窓は付いていなかったので、外の様子はわからなかったが、観客がいるらしく、外は騒がしかった。

私は、この薄暗くて狭い牢屋のようなところで、たった一人で、今から死ぬんだと実感した。

きっと死んでしまったら、悲しくはないだろう。死後の世界には何もないだろうし、だったら今、死ぬ直前に悲しい気持ちになるのはおかしな話なのだ。

死ぬ前に、私が最後に感じる感情が「悲しさ」だったり「恐怖」だったりするのは、なんだか勿体ない気がした。


私は二錠、口の中に入れてすぐに水を飲んだ。

そして大切な家族が、一千万を手にして喜んでいる姿を思い浮かべた。

広告を非表示にする