ユメ日記

私が見た夢を綴ります。

減圧

「ああ、ダメだこれ死んじゃうな」


気密室の中で、減圧が下がって行くのを感じながら私はぼんやりと考えた。

身体がパンパンに膨れ上がり、今にも目玉や腸が飛び出しそうだった。

私はこの気密室の中で殺された後、死姦が好きなあのクソデブに売り飛ばされるのだという。

クソデブの気持ち悪い笑みが頭から離れない。


ああ、人生こんなもんか。

好きな人とセックスもしてないのに終わるんだな。

死んでも尚気持ち悪い奴に犯されるなんて、本当についてない。

こんなことになるなら、何かしら行動しとくんだった。


見ると、減圧がマックスまで下がっていた。

それを確認した瞬間、肛門から長い長い腸が飛び出した。

目玉もいつ落ちてしまうかわからない。

私はあまりの痛みに嘔吐し胃の中を空にした。

まだ意識があるのが不思議だった。


減圧実験が終わり、気密室の扉が開いた。

私の目の前にクソデブが立っていた。


「なんだ、死ねてないのか。可哀想にな」


クソデブは私の足元にまわり、飛び出た腸を思いっきり引き抜いた。

魂ごと抜き取られるんじゃないかと思うほどの痛みに、声にならない声をあげた。

なんで死ねなかったんだろう。

クソデブはグッタリした私を乱暴に俵担ぎし、気密室を後にした。