ユメ日記

私が見た夢を綴ります。

戦争のあとに


長かった戦争が終わり、奴隷としてこき使われていた私達民衆は、兵士たちの帰りを待ち、料理を用意したり、踊りの練習をしていた。


兵士たちは、予定よりも早く帰ってきた。

あまりにも早すぎて料理の用意が終わっていなかったため、兵士たちは全員非常に機嫌が悪く、民衆の一人を拷問して遊びだした。

生きたままナイフで肉を少しづつ削がれ、苦しそうにもがく民衆を見て私は気を失った。


目が覚めると、部屋は血まみれになっていた。

そしていままでずっと一緒にいた友達が、どこにもいないことに気がついた。


兵士たちの目を盗んで私はゆっくり地面を這う。

目の前に大きなガラスのケースがあった。


中にはホルマリン漬けになった友達が入れられていた。

左胸から顔面の皮膚が剥がされて、骨と筋肉が露出し、そこだけ人体模型のようになっている。

友達は美しかったから、ただ拷問されて殺されるんじゃなくて、このまま永久に保存されるんだな、と、なんとなくわかった。


「なんだお前、生きてたのか」

後ろから突然声をかけられた。

振り向くと兵士の一人が笑っていた。

「酷いです、こんなことするなんて」

「こんなレベルで酷いだと?」

確かに、周りにはもっと酷い殺され方をした人が沢山いるけれど……。

「じゃあ今のお前はどうなるんだ?」


え?


友達が入れられているガラスケースに、反射した自分の姿が映る。


私は、目から下の全てが無かった。

目と脳味噌だけの存在になっていた。




目が覚めました。

なかなか怖かったです。

広告を非表示にする