ユメ日記

私が見た夢を綴ります。

酒の肴


全身真っ黒の二人組が突然、家に押し入って来た。


弟と二人で家にいた私は、すぐに弟を裏口から外へ逃がした。


私も逃げよう! と、外へ出ようとした瞬間。


ゴン、と大きな音がして頭に衝撃が走った。

鈍器で後ろから殴られたようだった。


私はその場にうつ伏せで倒れ込み、話すことも動くことも、できなくなってしまった。


男達は慣れた手つきで私の服を全て剥ぎ取り、うつ伏せのまま私の腕と足をそれぞれ拘束した。


何をされるんだろう、と妙に落ち着きながら考えていると、男が口を開く。


「お前の家を今から燃やす。その前に、お前には酒の肴になってもらう」


言うと男は、魚を解体するときの包丁を取り出し、私の背中の首の下からお尻の上まで一気に切り裂いた。


ジンジンと背中が痛み出したが、声はあげられなかった。


ブチブチと筋肉や脂肪を包丁で裂き、掻き分けながら、ようやく背骨に到達した。


そのままアジの開きみたいに、ガパッと背中を開かれる。

脂肪のような黄色や白の塊が私の目の前まで飛び散る。


男は次にサラダ油を取り出し、素手で私の背中に丁寧に塗りこみ、ライターで火をつけた。


私が思わず嘔吐すると、「折角の料理を台無しにするな!」と、再び頭を殴られて頭蓋骨が陥没した。




私の身体はあっという間に燃えた。


暫く焼かれ続け、丸焦げになったところで、よくやく目を覚ました……。

広告を非表示にする