ユメ日記

私が見た夢を綴ります。

「上がりなさい」

薄暗い拷問室の中で、私を含む男女4人が全裸で狭いステージに上がらされた。


これから選別が行われる。

拷問師のお気に入りに選ばれた者は、1人だけ鞭で打たれ皮膚を剥がされる拷問を受けるのだ。


ピエロのような顔をした拷問師は、私たちの頬を掴んで一人一人顔をじっくりと見る。

私は拷問師の人を選ぶ基準がなんとなくわかっていた。

それは何をされても泣きそうにない、強そうな人だった。

そのため、すでに涙目の私は選ばれないと確信していた。


案の定、私は選ばれなかった。

選ばれたのは筋肉質の若い男だった。


選ばれなかった三人には、拷問を見守るという試練が与えられる。

私を含む三人は椅子にロープで括り付けられた。


今回の拷問で使用される猫鞭は、鞭の一本一本に棘が沢山ついていた。

さらにその鞭は硝酸に浸してある。


手を上に上げた状態で拘束された男は、すでに失禁していた。


拷問師が鞭を振り上げ、男の背中に一発目を放つ。

パチン!と大きな音がして、背中に大きな傷がついた。

その傷へ硝酸が入り込み、みるみる背中の皮膚が焼け爛れる。

男は絶叫した。

間髪入れずに二発目、三発目と鞭が打たれ、その度に皮膚がめくれ上がって血が噴き出した。

十発入れた頃には骨が見え始めたが、なおも男は叫び続けていた。


私はその様子を、ぼーっと見ていた。

そこに伴った感情は、自分じゃなくて良かった、という安心感だけだった。