ユメ日記

私が見た夢を綴ります。

ガラスの潜水艦

生まれた時から太陽は地球に接近していた。

私と親友以外の人類は死んだ。家族も、ほかの友達も。

私と親友は海を目指して歩いていた。


海に着いた2人は人生の最後、定員2名のガラスの箱のような潜水艦で海の中へ沈んでいく。


「海の底には知らん魚が結構いるね」

「深海に住む魚はまだ生きてるんだねぇ……


私達はきっと数日後には、苦しんで苦しんで苦しんで死ぬだろう。

でも死ぬのは別に怖くない。


「ところでそこの大きなタンクは何?」


親友は、私が持ってきた酸素のタンクを指差して言った。


「酸素」

「はい? 延命してどうすんの」

「だって、こんな上手くいくなんて思ってなかったからさぁ……

「早々に潜水艦が弾けて海の中に放り出されるかもしれないって?」

「うん」

「潜水艦が弾けたら酸素ボンベ咥える前に水圧で死ぬわ」


親友は呆れていた。

私だってそのくらいわかっていた。


太陽がいよいよ地球に迫ったのは、今から三年前。

その時はまだ、皆熱さに苦しみながらも生きていた。

まさか私達が地球最後の2人になるなんて、誰も予想していなかっただろう。


潜水艦は沈む。

潜水艦は沈んでいく。

マリアナ海溝よりも深く。


「来世はどんなだろう?」

「来世なんてないよ。デスノートで読んだ。死んだらもう永遠に闇の中だって」


最後に私らしくない弱音を吐いた。

死ぬことが急に怖くなったわけではなかったが、明日には私も親友もこの世にいないのだと思うと、不思議な感じだ。

広告を非表示にする